クワガタ夫婦の越冬準備

こんにちは。高山です。

前にブログで紹介しましたうちに迷い込んできたクワガタ夫婦の続きです。

夏に、うちの玄関に雄(オス)のクワガタが瀕死(ひんし)状態で迷い込んできました。そんな縁から、飼い出したのですが、その数日後に、今度は、なんと、雌(メス)のクワガタが庭のテラスにまた瀕死状態で迷い込んできました。そして、現在、二匹一緒に飼っています。

餌をあげているだけで、観察日記などは、全く付けていません。

ただ、9月くらいから土に、直径5センチくらいの産卵木を入れておいて、ひょっとしたら、産卵するかもと期待して、飼っています。
いよいよ冬が近づいてきたので、越冬(えっとう)シーズンに入るのですが、最近、雌のクワガタを見かけなくなったので、心配になって、土を掘り返してみました。

すると、下記のように、なんと、産卵木に4センチくらいのトンネルを空けて、その中に、潜(ひそ)んでいたのです。

kuwaana1

 

アイスクリームの棒の先にいるのが、雌のクワガタです。赤い矢印が、彼女が空けたトンネル。トンネルの先にも、穴が開いていて、その穴に、頭を突っ込んで、隠れています。

産卵木の先頭にいるのが、雄のクワガタです。

kuwaana2

 

別の角度から見た写真です。すごくえぐられたあとが確認できます。そして、えぐられた先に、赤の矢印のトンネルができています。

いよいよ冬になりますが、この木の中で過ごして、寒さをしのぐのでしょうか。。。
このクワガタ夫婦は、どうなるのでしょうか。

あなたのリアクションがはげみになります。ぽちっとお願いします。
参考になったよ (0) とてもよかったよ (1) 普通 (0) もうちょっとがんばろう (0)

◆クリックが、スタッフの励みになります!
にほんブログ村 教育ブログ 在宅学習・通信教育へ
にほんブログ村 教育ブログ eラーニングへ
にほんブログ村 教育ブログへ
高山 よしなり

高山 よしなり の紹介

株式会社Prisolaインターナショナル代表取締役 学生時代に家庭教師の講師を4年間経験 社会人向けの資格講座・セミナーの講師を9年以上経験、現在に至る。 イークルースシステムの発案者。 数学の基礎から応用問題までを分かりやすく熱血指導で解説します。
カテゴリー: スタッフ便り パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">